雨人からのご挨拶

はじめまして。篆刻家、雨人(うじん)です。

篆刻を生業として生活しています。

2012年、活動拠点を横浜の工房から鎌倉へ移し、
いつでも雨人の工房へ立ち寄っていただけるようになりました。


日々「かまくら 篆助」にて印を製作しております。

年に何度か、デパートや催事場、アートイベントなどで実演販売も行っております。
お近くにお寄りの際は、雨人の仕事ぶりをのぞきに来て下さいね^^



印刀を始めて手にしたのが、18才。
工作が大好きだった少年雨人は、すっかり夢中になり、
篆刻家になると決め、中国へ修行に出かけました。

いつしか、篆刻が雨人の糧を得る武器となり、生きがいとなりました


雨人の死後、骨董屋、古道具屋には、雨人刻と側款の入った印が大量に出回るでしょう。
おそらく日本篆刻史上、最も多く印を刻した篆刻家が雨人になるでしょうから。

そして、ちょっと風変わりな人が、ふと雨人の印に興味を持ち、
コレクションでもしてくれたら嬉しいですね。

これからも続くであろう篆刻道に、少しでもシルシを刻み込めたら
それが、雨人の生きた証。



どうぞ、雨人の印を手にしてみてください。
雨人の思いが染み出してきますから・・・ こわい?




 トップへ