工房 聚印閣

この工房で雨人の作品は生み出されます。
1980年築、8畳ほどの小さな工房です。
宮大工の手によるもので、
数年前10mほど移動させましたが頑丈なつくりに
業者の方が驚いていました。
さすが!日本の職人技です。

穴蔵のようなこの工房で作業をしているときが
雨人の至福のときです。

夏はひんやり涼しいのですが、冬は凍えます。

FMラジオが流れる工房に遊びに来てね!
(但し前もって連絡してください。大掃除が必要です)

中をお見せしたいのですが、めちゃめちゃのため日を改めます。
楽しみに待っていてください。

聚印閣、中国のときのお師匠につけてもらった名前です。
知識がなかったので、何点か候補を上げてもらって、雨人が選びました。
しかし、皆に平屋なのに閣なの?
と散々言われ、恥ずかしい思いをしたものです。

しかし、これから聚印閣は、まさに「閣」となるべく、頑張っていきますよ。
ここの工房は、北鎌倉にお店を出してから、ほぼ倉庫となってしまいました。
そろそろ、掃除しなくちゃね。  2013、2、20記

雨人的篆刻トップ