印鑑・はんこ・遊印・雅印・書道用落款印・印鑑作成販売 通販のお店。篆刻(てん刻) 遊印 雅印 落款印 はんこ 印鑑作成 注文受付中!

よく ある質問

○石が欠けている!!!!

電話をとると、ちょっとヒステリック気味なお声・・・
「箱を開けたら、印の角が欠けているのヨ、彫り直してくれるの?
え?! どうなの? アンタいつもこんな仕事しているの??? え???」
ちょ、ちょ、ちょっと落ち着いてください。
ご安心ください、その欠けはわざとですよ。
印の元は、漢時代の銅印。銅印は風化したりさびたり、いい具合に古色がついています。
印に雅趣をつけるため、空間処理のためわざと欠けさせたり、線を切ったりします。
欠けをできるだけ少なくしてほしい方は、その旨お伝えください。
でもね、欠けが失敗のように見えてしまうようでは、雨人もまだまだ未熟ということですね。

○雅号は朱文、名前の印は朱文で作るんでしょ?

書道の展覧会に行くと、大概、落款の後
白文の姓名印、その下に朱文の雅号印、が押されています。
一応、オーソドックスな印の押し方として定着しておりますが、
必ずしも決まったことではありません。
雅号が白文、だって問題ないんです。
ただね、変わったことするには勇気がいるし、センスだって必要ですから、
まずは無難に一般的なやり方でやってみてください。
私は人と一緒じゃいやだ!!
という方。昔の掛け軸を眺めてみてください。
いろんな印の押し方がありますね。
そんなのを参考に自分流の押し方を研究してみてください。

○古い印泥を持っているんですけど、使えますか?

まずは、棒で印泥を練ってみましょう。
うまく団子状になってくれれば、合格です。使えます。
こんな症状だったら・・・
 
・かっちこち。硬くて歯が立たない。
これでは印がつきませんね。アドバイスするまでもないです。ご臨終です。
・練っても練っても水あめのよう。
これも使えません。使おうと思うと印の彫りの中に印泥が食い込んでしまい、
きれいな印影が出ません。
・もそもそ。ぱさぱさ。ぼそぼそ。粘り気なし。
これも使えませんね。印泥が印の彫りの中に食い込んでしまいます。
・かびがすごい。
よくあります。が、カビをきれいに取り除いて、練ってみてください。
適度に粘り気があり団子状になればまだ使えます。
印泥の選び方は、「印泥」をご覧ください。

○印がうまく押せません。

みんなうまく押せなくて困っていますので、経験あるのみです。
ざらざらの紙や、厚い紙(色紙など)は押しにくいです。
印を押す前に、爪などで紙をならすと押しやすくなります。
印の押し方を参照してください。
たくさん印を押しましょう。

○印が読めません・・・

当たり前です。篆書体で彫られていますからね。
勉強しないと読めない書体です。
篆書体で彫られているとかっこいいと思うのですが、
読める書体をご希望の方は、その旨お知らせください。


○自分でデザインした文字を彫ってもらえますか?

可能ですよ。
ただ、手彫りになるため、全く同じというわけにはいきません。
もし完全に同じデザインにしたいなら、機械彫りでやってくれるお店に頼んだ方が無難です。

○作ってもらった印をブログやHPで紹介してもいいですか?

もちろん大歓迎です。どんどん紹介してやってください。

○工房にお伺いしてもよろしいでしょうか?

ぜひいらしてください。ただ、常時工房にいるわけではありませんので、事前にご連絡くださいね。
片づけなどしないといけませんから。
非常に分かりにくい場所にありますので覚悟していらしてください^^

トップへ