印鑑・はんこ・遊印・雅印・書道用落款印・印鑑作成販売 通販のお店。篆刻(てん刻) 遊印 雅印 落款印 はんこ 印鑑作成 注文受付中!

 篆刻とは?

篆刻とは「はんこ」です。

よく、実 印や銀行印と篆刻は違うのですか?
と聞かれたりしますが、

「はんこ」

という意味では一緒です。
用途が違いますね。
篆刻が使用されるのは、書道作品のサイン(落款)の後に押されたり、
日本画のアクセントに押されたりします。

見たことありますよね。掛け軸に押された四角い印。






年賀状や絵手紙に印が押されていると、むむ、なかなかやるな、
と、たいした作品でなくても(ごめんなさい)立派に見えたりします。
書や絵に押されるのですから、ちょっと味があった方がいいですね。

実印を絵手紙に押してカッコがつくでしょうか?
ちょっと場違いですね。

せっかく自慢の作品に捺すのですから、
やっぱりしゃれたものの方がいいですよね。

篆刻と実印は役割が違うのです。

実印は読めないと問題ですが、篆刻は(乱暴に言えば)文字が間違っていなければ
読めなくったって構いません。
篆刻はサインの代わりにもなるものですから、
それが、貧弱では作者のセンスが疑われかねません。
自分のサインはあんなに練習するのに、印に気が回らないようではまだまだですぞ(えらそうだ)


さて、篆刻のはじめは、中国古代の銅印です。(漢銅印)
基本はこれです。
地中に埋まったり風化して、いい具合に古拙がついた印には
人知を超えた自然に朽ちた美があります。





それを素材に、現代的にアレンジしているのが篆刻です。
(そのまま、まねっ子でもいいのですが、やっぱり自分だけの表現を求めてしまうんですね)

篆刻の「篆」とは篆書体の篆です。
篆書体とは、漢字の元の字、象形に近い字です。
篆書を刻すから、「篆刻」です。
篆書体は、勉強しないと読めません。

なぜ、勉強しなきゃ読めない篆書体を使用するのでしょうか?

最大の理由はその造形美にあると思います。
不思議なかわゆさ、たたずまいがあります。

そして、変形させやすさ。

文字を伸ばしたり縮めたり、ルールはありますがかなり自由にアレンジできます。






上は「華(花)」という漢字の篆書体です。


そして、読めない古代文字で彫られると、なんだかすごいものに感じませんか?
魔術的な、神秘的な、神聖さを感じますよね。

篆刻は、基本的に石に彫られます。
石というと堅そうですが、ロウ石に近いです。
ロウ石ほど柔らかくはありませんが、子供の力でも充分に彫ることができます。
他に、木印、陶印、竹印などもあります。


この柔らかく、彫りやすい印材が発見され篆刻は大いに発展しました。
誰でも印刀さえあればたやすく、自分の印を彫ることができるようになったのです。

篆刻は、厳格な決まりがあるようでいて、実はそうでもなかったりして、
かと言って自由でいいのか?というと堅苦しかったり・・・
なんとなく、暗黙の了解で成り立っているような感じです。

ここまでは篆刻、ここからは篆刻ではない、
と言った境界は非常にあいまいです。


その境界は、たくさんの印を見ることによってだんだんわかってくると思います。

トップへ